遺言書がある場合の相続手続き 〜速やかに検認を受ける

 遺言書がある場合の相続手続 

 

 

 遺言書がある場合の相続手続きの基本的流れ

1) 被相続人の死亡(相続の開始)・遺言書の発見

                 

2) 家庭裁判所で「遺言書」の検認を受ける(公正証書以外)

               

3) 家庭裁判所への遺言執行者の選任請求(必ず請求する場合

   と必要に応じて選任請求する場合あり)

               

4) 遺言書に従って遺言事項を執行する(遺産の名義変更等) 


   

 所得税の準確定申告・納税を行う(相続開始後4ケ月以内 

 相続税の申告・納税を行う(相続開始後10ケ月以内

 遺留分の侵害請求(相続開始後1年以内

 

 

 このように、法律で期限が定められている手続きを期限内に行

わないとと不利益を被ることがありますので、注意が必要です。



      岩手遺言・相続相談センタ―

         田村行政書士事務所

         019−697−6831