家系の調べ方、戸籍の取り方・たどり方

 ■ 家系の調べ方(調査方法と調査の範囲)

 

 歴史ロマンを秘める家系調査

   自分の先祖やルーツを知りたいという思いは、誰でも一度は抱いたことがあるので

 はないでしょうか。

  テレビなどで、歴史上の有名な人物の家系や子孫について見たりして、今まで特に

 考えもしなかった自分のル―ツについて急に興味が湧いてきた、という方も多いのでは

 ないでしょうか。

  自分のル―ツをたどってみようとするとき、いろいろな方法があります。

  家系調査の基本というべき戸籍の収集、菩提寺の過去帳の閲覧、先祖が多く眠っ

 ている墓石の調査、その家代々に伝わる様々な資料の調査、親族で作成した系図の

 存在の有無の調査・・。

  その過程で、自分の先祖に、歴史上の有名な人物を発見するかもしれません。

  家系調査は、そのような驚きの新事実発見という歴史ロマンを秘めています


  ここで紹介するのは、先祖調査の基本ともいうべき戸籍調査の方法で、先祖を

 100年〜150年程度たどってみる方法です。

  古い戸籍が残っていれば、先祖を200年以上さかのぼることもあり、これだ

 けでビックリという方もたくさんいらっしゃいます。

  事実、戸籍調査で230年、7代前のご先祖様が判明したというケ―スもあり、

 さらに、その家代々に伝わる系図や古文書で江戸時代初期まで先祖をたどることが

 できたというケ―スもあります。

  しかし、何といっても、まず戸籍で正確にたどって100年〜200年さかのぼ

 つてみることが基本です。

  この戸籍調査の資料(系譜や家系図)がなければ他の調査とつながっていきません

 ので、戸籍で正確にたどって資料をつくることが重要です。 


   先祖探しのスタートは、このように、戸籍・除籍謄本の取り寄せから始まるという

 ことになりますが、注意しなければならないことは、戸籍は誰でも取れるというわけ

 ではありません。 

  プライバシー保護の観点から、戸籍を請求できるのは、その戸籍に記載され

 ている者及びその配偶者、直系尊属又は直系卑属だけで、それ以外の場合は

 「委任状」が必要になります。  

  従って、直系尊属の兄弟姉妹、甥、姪、伯父、伯母、叔父、叔母、従兄弟

 などの傍系の戸については、原則として、請求することはできません。

  傍系まで含めて調査しようと思ったら、日頃付き合いの無い遠い親戚などに

 対しては事情を説明し、その上で、「委任状」を書いてもらうしか方法はあり

 ません。

  ただ、委任状 を書いてもらうにしても、電話や手紙などでは、なかなか難しい

 かもしれません。

  やはり、直接、お会いして気持ちを伝えることが必要になってくるでしょう。

  

   直系とは、親子の関係が続く系統のことで、実親、養親、実子、養子を問いませ

 ん。

  その中で、直系尊属とは、父母、祖父母などのように、血統が親子の関係で続い

 ていて、親等上、父母と同列以上にある血族のことをいいます。

  直系卑属とは、子や孫などのように、血統が親子の関係で続いていて、親等上、

 子と同列以下にある血族のことをいいます。  

 

  先祖を調べる上で最も重要な「除籍簿」には、法律で定められた保存期間が

 あります!

 

   死亡、結婚、他の地域への転籍などの理由によって、全員が戸籍から除かれた

 場合、その戸籍は除籍となり、除籍簿として別に管理されることになります。

  ただ、この除籍簿は、150年という保存期間を過ぎてしまうと、処分されてしま

 う運命にあり、いつ処分されるかは、それぞれの役所の意向次第ということになって

 います。

  つい最近まで、法定保存期間が80年であったため、すでに廃棄処分されたものも

 相当あり、実際に古い戸籍があるか否かは、請求してみなければわからないという

 のが実情です。

  現状としては、一部の大都市や県庁所在地、戦災・災害で戸籍が焼失した地域の

 役所を除き、大半の市町村には最古の戸籍まで残っていますが、いつ廃棄されてなく

 なってしまうか全くわかりません。

  

  “戸籍調査で、ここまで先祖をさかのぼって調べることができるなんて驚きました。

  もっと早ければ、父母や祖父母に見せることができたのに・・・”

  “戸籍が廃棄処分される前に戸籍を取っていれば、さらに2代から3代前まで先祖

  がわかったのでは・・・”

 

  このような声を聞くことがありますが、やはり、先祖を知りたいと思ったその時が

 最大チヤンス、いつかは自分のル―ツを確かめたいと思っている方には、早めの戸籍

 調査をおすすめします。

 

 歴史ロマンを秘める

先祖調査(家系譜作成)サ―ビス

   

リ―ズナブルな料金で先祖調査(家系譜作成)! 

2家系調査で26,000円、4家系調査で52,000円(実費費用除き)

 先祖調査実績 3000家系超 

 かわいい 今、こんな事を思っている方におすすめのサ―ビス

   ★今こそ、自分の先祖やル―ツを知りたい!

   ★先祖供養のために、直系・傍系尊属の確かな資料が欲しい!

   ★可能な限りさかのぼって先祖の事を知りたい!

    


家系調査の範囲 

  戸籍調査で家系を調べる場合、まず、どの系統の先祖を調べるか、その範囲を

 決めて戸籍・除籍謄本を取る必要があります。

 

<調査範囲の例〜苗字を単位として調べる>

 自分の苗字に繋がる先祖を調べる (父の父方の先祖)

  戸籍を取る順序  

   基本的に、父の戸籍⇒父の父(祖父)の戸籍⇒祖父の父(曾祖父)の戸籍と

  いうように、父の父方の先祖が記載されている戸籍をモレなくさかのぼって請求

  していきます。

   この時、苗字を基本としてさかのぼっていきますので、必ずしも父方だけが同じ

  苗字であるとは限りません。

   例えば、祖父までが同じ苗字であったが、曾祖父が他家より養子に入っている

  という場合があります。

   このような場合は、曾祖父の実父ではなく、曾祖父の養父の戸籍を請求するよう

  にしますが、曾祖母の方が同じ苗字になっていることもあります。 

   (よくあるケースですが、曾祖父が曾祖母の婿養子となっている場合です)

   また、曾祖父と曾祖母二人とも養子というケースもありますが、この場合は、

  高祖父母と曾祖父母は血がつながっていないことになります。


   戸籍を請求する場合、戸籍筆頭者(戸主)名の記載が必要となりますが、さかの

  ぼって請求していく過程で直系尊属が必ずしも戸籍筆頭者や戸主となっていない

  場合がありますので、入手した戸籍から、前戸主は誰になっているか、本籍地は

  どこなのか注意深く見て、請求先の役所を判断しなければなりません。


   直系尊属が戸主となっていないケースとしては直系尊属(親)が隠居して子供

  が戸主となり、その子供つまり直系卑属(長男の例)が戸主となっている戸籍に直

  系尊属(親)が入ったりする場合がありますので、このような場合は、その子供が

  戸主となっている戸籍を請求します。

   前戸主が死亡や隠居したことにより相続し戸主となった場合は、「本籍」は通常

  同じですので、同じ本籍地を記載して請求します。

   また、婚姻届時に親が亡くなっていたために、傍系尊属(兄の例)が戸主となっ

  ている場合もありますので、この場合も兄が戸主となっている戸籍を請求します。

   いずれにしても、「戸主」と「本籍地」を示す記載が必ずありますので、注意深

  く戸籍を見てください。

 

   このように、戸籍を請求するためには、戸籍筆頭者名(戸主名)の記載が欠かせ

  ませんので、新しく戸籍がつくられた原因と、誰の戸籍から新しい戸籍に入籍して

  ているか注意深く見て、順序よく請求していく必要があります。

   新しく戸籍がつくられた原因や誰の戸籍から除籍になったかについては、入手し

  た戸籍に必ず記載がありますので、その点の確認が大切です。

   転籍によって本籍地が変わったり、法改正などによっても新戸籍編製が行われ

  ますので、この点についても注意深く見ていかなければなりません。

   途中で一つでも戸籍がモレてしまうと、大事な情報が抜け落ちてしまうことがあ

  りますので、必ず前後の戸籍がつながっているか確認しながら、モレなく請求す

  るようにしてください。

      

 〇 父方の祖母の旧姓に繋がる先祖を調べる (父の母方の先祖)

  戸籍を取る順序  

   基本的に、父の戸籍⇒父の父(祖父)の戸籍⇒祖母の父の(曾祖父)の戸籍と

  いうように、父方の祖母の旧姓につながる直系尊属が戸主となっている戸籍を

  請求していきます。

   戸籍の請求の仕方については、自分の苗字につながる先祖(父の父方)の

  場合と基本的に変わりませんが、モレのないように順序よくさかのぼっていく

  ようにしましょう。 

    

 〇 母の旧姓に繋がる先祖を調べる(母の父方の先祖)

   戸籍を取る順序  

   基本的に、父の戸籍⇒母の父(祖父)の戸籍⇒母方の曾祖父の戸 というよう

  に母の旧姓につながる直系尊属が戸主となっている戸籍を請求していきます。

 

 母方の祖母の旧姓に繋がる先祖を調べる(母の母方の先祖)

  戸籍を取る順序  

  基本的に、父の戸籍⇒母の父(祖父)の戸籍⇒その父(曾祖父)の戸籍というよう

 に、祖母の旧姓につながる直系尊属が戸主となっている戸籍をさかのぼって請求

 します。   

 

  現在のところ、戸籍・除籍謄本の取得によって、平均すると4代〜5代先の先祖ま

 で調べることが可能です。

  (もちろん、除籍簿が現存していることが前提になります)

  今であれば、明治時代の戸籍さえ入手できれば、その戸籍には江戸時代の情報

 が記載されていることが多いので、時には、文化年間に出生された先祖の名前ま

 で判明することもあります。

 

  では、一系統(一つの苗字をたどる)の調査で何人ぐらい発見されているかと

 いいますと、平均で、40人〜60人、二系統(二つの苗字をたどる)の場合で、

 80人〜120人と いう結果がでています。

  ただし、この人数の中には、直系尊属以外に、傍系尊属その他の親族まで

 含まれています。

  古い戸籍を取ってみるとわかりますが、一つの戸籍にたくさんの名前が載ってい

 ることがあります。

  親戚一同、21人記載されていたケースもあり、親子単位の戸籍を見ることが多

 い現在、古い戸籍には、祖父母から兄弟姉妹、叔父・叔母、孫・・・と、たくさんの

 名前が記載されている戸籍をみることがあり、時代が違うとはいえ、興味深いもの

 があります。 


   このように、廃棄処分がすすんでいる現在においても、江戸時代後期位までは、

 さかのぼって先祖の情報を知ることができますので、現在ある除籍簿もいずれは

 廃棄処分される運命にあることを考えると、先祖調査を思い立った時が最大の

 チヤンスということでしょう。

  具体的に先祖の名前がわかることによって、当時の時代背景から、いろいろなこと

 が想像され、150年〜200年前のご先祖様との出会いは本当に楽しいものです。

  歴史を同時体験できる

 家系図作成サ―ビス 

  ご先祖様が生きてきた時代の息吹をリアルに再現、

   見て、読んで、楽しくなる家系図セツト!

  ★先祖が生まれたその日の出来事までわかる!

  ⇒ 歴史を同時体験できる家系図作成サービス

   

  自分の先祖やル―ツを知りたいと思っている方、家系図作成に興味のある方に、 

  資料を差し上げます!

  「家系図作成サービス」の資料請求はこちらから

           

  

 ■ 戸籍の取り方・たどり方 

  

戸籍の取り方 〜 必要とする人の本籍のある役所に請求する

 (1)戸籍の請求方法 

  ・ 役所の窓口 に出向いて請求する

  ・ 役所が遠方の場合は、郵送 で請求する

  郵送申請する場合に必要となるもの>

  @ 戸籍謄抄本請求書

     請求先の役所のホームページから印刷して入手できます。

     請求書の様式を問わず請求できる場合もありますので確認してください。

  A 交付手数料  

     戸籍謄本450円、除籍謄本・改製原戸籍750円

     郵便局で交付手数料に見合う金額の「定額小為替」を購入して役所に

    支払います。(「戸籍謄本抄本請求書」といっしょに同封する)

     除籍謄本を一通欲しいときには、額面が750円の「定額小為替」を購入

    しますが、そのとき、定額小為替1通について100円の手数料がかかりま

    すので、この場合は850円を支払うことになります。

   ※手数料は、定額小為替の額面の多少に限らず、1通100円

   ※定額小為替の種類 

      50円・100円・150円・200円・250円・300円・

      350円・400円・450円・500円・750円・1000円

                

  B 返信用封筒〜返信先の住所・氏名を記入し、切手を貼って、同封します。

  C 請求者の本人確認書類 

    免許証など、顔写真のついているものをコピー して同封する。

    ※ 窓口で請求するときにも必要です。

  D 請求者とのつながりを示す資料(直系であることを認めてもらう資料

     たとえば、曾祖父の除籍謄本を取るときには、自分と祖父が記載され

    ているの戸籍と、曾祖父が記載されている祖父の戸籍が必要になり

    ます。(戸籍に、その関係がわかる部分をコピーしたものでOK)

 

(2) 戸籍謄・抄本請求書の一般的記載事項

   < 直系卑属のさんが、父の戸籍を請求する場合 >

   @ 本籍 〜 さんの本籍を記載

   A 筆頭者の氏名 〜 さんの氏名(昔の戸籍は戸主)を記載

   B 請求者の住所・氏名・連絡先TEL 〜 さんについて記載

   C 筆頭者との関係 〜 さんとさんの関係

       本人・配偶者・子・孫・父母・祖父母・その他について〜

                   父母をチェツクする(〇を付ける)

 

(3) 誰の戸籍でも取れるか 〜 特定の人の戸籍しか取れない  

   戸籍を請求し、交付を受けられるのは、戸籍に記載されている

  その配偶直系尊属直系卑属だけです。傍系にあたる人の戸籍は「委任状」

  がなければ請求できませんのでご注意ください。

                       

 戸籍のたどり方

  どの系統の先祖を調べるか決めたら、今度は、実際に戸籍・除籍謄本を取り

 寄せていくことになります。

  例えば、自分の苗字につながる先祖を調べるためには、基本的には、次のよう

 に順に、さかのぼって、それぞれの戸籍を取得していきます。

 

   父 ⇒ 祖父 ⇒ 曾祖父 ⇒ 高祖父が戸籍筆頭者・戸主となっている戸籍を

 モレなく、順序よく請求していきます。

 

  ただし、直系尊属の「父」「祖父」「曾祖父」が戸籍筆頭者・戸主になっていない

 場合がありますので、その場合は、戸主名を確認した上で、さかのぼって請求

 します。

  古い戸籍の場合、直系尊属の叔父や叔母、兄弟姉妹、甥・姪などが戸主に

 なっていることはよくあります。

  いずれにしても、前戸主名と前本籍地が必ず記載されていますので、しっかり

 と確認しましょう。 

 

 ひらめき 戸籍をさかのぼっていくにはどうすればよいか?

   

  一人の戸籍を順にさかのぼるためには、入手した戸籍から「一つ前の戸籍の

 本籍地と戸籍筆頭者(または戸主)の情報を得て、その戸籍と取っていけばよい

 ということです。

 

  例えば、「戸籍事項戸籍改製欄」(原行戸籍)より、この戸籍が改製によって

 つくられたことがわかった場合には、一つ前の戸籍は、同じ本籍地、同じ筆頭者

 の「改製原籍」があるということがわかりますので、その「改製原戸籍」を請求

 します。  

  「改製」の理由以外にも、戸籍が新しくつられる原因がいろいろありますので、

 この原因(戸籍と戸籍のつながりを示すもの)となるものを入手した戸籍から

 発見して、順序よくさかのぼって請求していきます。

  これが、「戸籍をたどる」ということです。

 

 ひらめき 「戸籍が新しくつくられる原因」にはどんなことがあるか?

 

  ◎戸籍が新しくつくられる原因 ⇒ 戸籍のつながり を示す

   

(1)家督相続

   家督相続をすると戸主が変わるので、古い戸籍は除籍されます。

   この場合には、同じ本籍で、前戸主の除籍が存在していることになり

  ますので、さかのぼるときは同じ本籍の前戸主の戸籍を請求します。


   戸主の事項欄に、 「   家督相続

   戸主となりたる原因及び理由の欄に 「前戸主〇〇死亡により   

  家督相続というように記載されています。

 

(2)婚姻、分籍

      日婚姻(又は分籍)届出 本籍地       〇〇〇〇

  (戸籍筆頭者または戸主)より入籍」という記載があります。

   この場合には、この戸籍に記載されている同じ本籍地の、同じ戸籍筆頭者の

  戸籍 があることになりますので、その戸籍を請求します。

 

(3)分家

   「本籍地      、 〇〇〇〇(戸主名)弟分家届出   日受付」

  という記載があ ます。

   この場合には、“弟分家”となっていますので、兄か姉が戸主になっている

  ということですで、同じ本籍地で、兄か姉が戸主となっている戸籍を請求し

  ます。               

 

 (4)改製

    法律の改正等により、戸籍の形を変えて作り直すことをいう

   (例)「昭和32年法務省令第51号附則第27号により昭和33年4月5日

    改製つき昭和36年6月18日本戸籍編成」

    というような記載がある場合には、

   同じ戸籍筆頭者で同じ本籍地の戸籍(改製原戸籍)があることになります

  ので、その改製原戸籍を請求します。

     (改製原戸籍⇒改製される前の戸籍のこと)

  

  注意しなければならないのは、この「戸籍の改製」の記載があったときです!

 

  例えば、改製前の戸籍で出生届けが出されたが、幼くして亡くなって除籍され

 たような場合、その子については、改製後の新しい戸籍には移記されず省かれ

 てしまいます。

  つまり、新しい戸籍には、改製当時に在籍する人だけが移しかえられますので、

 戸籍をさかのぼるときには、改製前の戸籍(改製原戸籍)を必ず取得して確認す

 る必要があるということです。

   

 (5)他市町村への転籍

               本籍地から転籍届出」という記載が

  あります。

    この場合には、同じ戸籍筆頭者で同じ本籍地の除籍があることになり、

  この除籍謄本を請求します。 

    同一管轄地域内での転籍では、戸籍が 作り直されることはなく、消し線で

   書換えられるだけで新戸籍は編成されませんので、本籍欄の記載で確認して

   ください。

    2度、3度書き換えられている場合もありますが、書き換えられた順序はわか

   るようになっています。 

   

 このような「戸籍のつながり」は、必ず、双方の戸籍に相手の戸籍を指し示す記載

がありますので、これをみて「戸籍をたどる」ことができるわけです。

   

 ひらめき 戸籍を、モレなく、しかも早く請求するポイントは?

   

  窓口で請求する場合、「〇〇の戸籍について、さかのぼれるだけ、さかのぼって

 下さい」とお話してみてください。

  この分だけですといわれたら、次の請求先の役所名戸籍の筆頭者名を聞いて

 さらにさかのぼって請求しますが、役所が遠方の場合は、郵送で取寄せします。

  郵送で申請する場合には、請求書の通信欄に「〇〇の戸籍をさかのぼれる

 だけさかのぼって交付をお願いします。他の役所に請求しなければならないとき 

 には、どこの役所に、誰の筆頭者名で請求すればよいかお知らせくださいと 

 記載してみてください。(次の請求先がすぐわかります)

  このようにして次々と先代の戸籍を請求していくと、いずれは、「この方の戸籍は

 廃棄処分されて交付できません」、あるいは「これ以上、古い戸籍はありません」と

 いう連絡が入るか、又は、そのような記載がされた上で役所から請求書類一式が

 返送されてきます。


  これで、一つの苗字をたどっていく先祖調査(戸籍調査)は終了となります。  

  郵送で請求する場合、除籍謄本が数通になる可能性がある場合には、定額小為

 替も余分に同封しなければなりませんし、返信用封筒の切手も多めに必要となりま

 すので注意してください。(余った定額小為替、切手は返してもらええます)    

  また、郵送で取得した戸籍をみて、次の請求先がわからないときには、近くの役

 所で尋ねると教えてくれます。次の請求先がわかっても、旧市町村名で記載されて

 いる場合がありますので、そのときも、現在の市町村名について、関係先の役所又

 はお近くの役所でお聞きになってください。丁寧に教えてくれます。 

  

 全国対応  戸籍で調べる “貴方の先祖”

 “自分の先祖を知りたい”という想いを形(家系譜)にしてお届けするサービス 

    家系調査実績 3,000件超

    先祖調査サービス  

     

  かわいいリーズナブルな料金と丁寧に作成した「家系譜」が大好評!

  かわいい明治時代の戸籍が残っていれば、先祖を150年〜200年

   さかのぼれることが多い!

 

 

     

歴史を同時体験できる”   全国対応

 家系図作成サービス

先祖が生きてきた時代の息吹をリアルに再現した注目の家系図

 ひらめき 先祖が生まれたその日の出来事までわかる!

 ひらめき 複数の家系の動きが同時に見える!

      

 驚きです、このような家系図の資料を初めてみました!

 見て、読んで、楽しくなる、時代背景情報が超満載!


    「先祖調査サ―ビス」 「家系図作成サービス」の資料請求はこちらから

                 

                     先祖調査・家系図作成

                 岩手家系図作成センター

              電話019−697−6841