遺言書作成のすすめ|岩手遺言・相続相談センター

 遺言書作成のすすめ 

遺言をすることは、遺族に有形・無形の財産を遺すことになります。

  


 今の時代、遺言書を書くことは、財産を持っている方(財産の

多寡にかかわらず)にとっては、のこされた遺族に対する責任と

いえるのではないでしょうか。なぜなら遺言書をかかなかった

ばかりに、のこされた遺族の間で遺産をめぐるトラブルが数限り

なく起こっているからです。

 もちろん、遺言にする内容は財産処分に関することだけに限ら

れませんが、少なくても自分の財産処分については、しっかりと

した意思を表明しておくことは大切なことです。そうすることに

よって、多くの場合、争いにまで発展することは避けられます。

 かたちのある財産をのこすことも価値あることですが、それ以

上に、生きた証として自分の気持ちをのこすこと、伝えることは

大変価値のある財産を遺すことになります。

 

 身内の争いをのこさないためにも、遺言書の必要性は切実です。

 財産をお持ちの方は、財産とともに自分の意思もしっかりと遺

しましょう。 

 


遺言書をつくる上で、ぜひ知っておきたいこと

 

遺言書をつくるメリット

 ここ数年にわたって増えている理由は?

  遺言書をつくるメリット

 

遺言書作成を特にお勧めしたい方

 遺言書を書くべき人 とは?

  こんな人は書きましょう

 

遺言で実現できること(法定遺言事項)

 どのようなことが遺言で実現できるか?

  遺言で実現できること

 

「相続させる」遺言と「遺贈する」遺言の違い

 特定の財産を特定の人に引き継がせるためには、遺贈するしか

 ない場合がある。

  相続と遺言の違い

 

自筆証書遺言の作り方(自分で書く簡単な方法)

 書き方や内容に注意すればすぐ出来る方法。

 どんなことに注意すればよいか?

 法改正で財産目録がつくりやすくなった!

 法務局で保管もしてくれるようになって安心!

 (2019年施行、保管制度2020年7月10日施行)

 自筆証書遺言のつくりかた

 遺言書保管制度の利用の仕方(遺言書作成から保管申請まで)

          

 ⇒遺言書保管制度の利用の仕方(保管後に利用できること)

    

 

公正証書遺言の作り方

 (公証人がつくる確実な方法)

 自分で書くことができなくても遺言書は作ることができます。

 保管も安心! 公正証書遺言の作り方は?

  公正証書遺言の作り

 

一度書いた遺言書の撤回・変更の仕方

 決まった方式があるので注意が必要!

  遺言の撤回・変更

 

遺言の執行を行う者、遺言執行者の権限と職務

 誰が遺言を執行(遺言内容を実現)するのか?

  遺言の執行、遺言執行者


      岩手遺言・相続相談センター

         田村行政書士事務所

      019−697−6841