遺言の撤回・変更|岩手遺言・相続相談センター

遺言書の撤回・変更について  

  遺言書は、書いた後で、いつでも自由に撤回・変更をすること

 ができます。作成した後の時間の経過とともに、財産の状況が変

 わったり、相続人の事情も変わったりします。このような状況の

 変化に合わせて、遺言書の内容を書き換えることは、むしろ、当

 然なことです。

 ただし、遺言書の撤回・変更をするには、注意が必要です。

  決まった方式に従行わないと、無効になりますので注意が

 必要です。

 

 

〇 撤回・変更するときの注意点

1)自筆証書の場合は、遺言書を破棄するだけで撤回したことに

   なります。

  また、新しく作成して「前の遺言を撤回する」としても有効。

  この方法は、最も確実といえます。

 


ひらめき自筆証書遺言に関する法律の改正がありました!

 @保管制度を利用した場合の撤回について

 A自筆証書遺言の方式が緩和され作りやすくなった

 B法務局で保管してくれるようになって安心

 C保管制度を利用した場合は検認手続きが不要となりました

       

 (2019年1月13日施行、保管制度2020年7月10日施行)


2)自筆証書遺言の変更要件

 @遺言者がその場所を指示し

 Aこれを変更した旨を付記して特にこれに署名し

 B変更場所に押印する


公正証書遺言の場合は、新たに作成して、「前の遺言を撤回

 する」旨書く必要があり、自筆証書遺言のように、破棄しただ

 けでは撤回にはなりませんので注意が必要です。

 

)どちらの方式も、新しく遺言書を作成して撤回・変更する場

 合の形式は問いません。公正証書で作成した遺言を自筆証書遺

 言で撤回・変更することもできます。

 

)次の場合は、新しく遺言書をつくって撤回しなくても、前の

 遺言の内容に抵触する部分は撤回したことになりますので十分

 注意が必要です。 

 

 @ 前に書いた遺言の内容と抵触する行為をしたとき。

   例えば、特定の相続人に取得させる旨遺言した財産を処分

   してしまったなど。

 A 前に書いた遺言の内容と抵触するする内容の遺言を新しく

   書いたとき。


)一度、撤回した遺言を、さらに撤回しても、原則、当初の遺

  言は復活したことにはなりません

                                 

 

        岩手遺言・相続相談センタ―

          田村行政書士事務所

          019−697−6841