贈与契約書のつくりかた|岩手遺言・相続相談センター

  

 贈与契約書の作り方

   贈与契約書を作成する時は、以下の点に注意して作成しましょう

 

 (1) 契約(贈与)の目的を明確にする

     (例) 甲はその所有する土地を乙に贈与する

   

 (2) 贈与の目的物を明確にする

      不動産(土地)の場合は、所在地、地番、地目、地積について、登記簿謄本

      のとおりに記載する(建物については、所在、家屋番号、種類、構造、床面積

      を記載する)

      預貯金については、銀行名、口座の種類、口座番号、口座名義人などを明記

      する

   

 (3) 引渡しの履行期、引渡しの費用の負担を明確にする

     (例) 平成〇〇年〇月〇日までに、本件土地を引き渡し、所有権移転登記を

         行う。所有権移転登記手続きに必要な一切の費用は乙が負担する。

 

 (4) 贈与者、受贈者双方が記名または署名の上、押印する

     贈与契約書は、実印でなくても有効ですが、自署と実印による押印が確実です。

 

 (5) 贈与契約の存在、作成時期を明確にしておきたい場合には、

    公証役場に作成した契約書を持参して、「確定日付」を押しても

    らう

     確定日付の押されたその日に贈与契約書が存在していたことを証明します

 

 (6) 贈与契約の内容について明確にしておきたい場合には、公正

    証書による贈与契約書として、公証役場で作ってもらうこともでき

    ます

 

 

 贈与契約書のサンプル

(1)不動産(土地・建物)と預金を贈与した契約書

               贈 与 契 約 書

 

  贈与者〇〇〇〇を甲、受贈者〇〇〇〇を乙として、甲乙間において次の通り

 贈与契約を締結した。

 

 (贈与の目的)

 第1条 甲は、甲の所有する下記記載の財産(以下「本件財産」という)を乙に贈与

     し、乙はこれを受諾した。

  (1)宅地  所在 〇〇市〇丁目

         地番 〇〇番〇〇

         地目 宅地

         地積 〇〇〇〇平方メートル

  (2)建物  所在    〇〇市〇丁目〇〇番地〇〇

         家屋番号 〇〇番〇〇

         種類    居宅

         構造    木造瓦葺平屋建

         床面積   〇〇〇〇平方メートル

  (3)普通預金 〇〇銀行 〇〇支店 口座〇〇〇〇 金〇〇〇〇〇円

 

(移転登記等)

 第2条1 甲は乙に対して、平成〇〇年〇〇月〇〇日限り、本件財産を乙に引渡

      し、土地・建物については所有権移転登記手続きを行い、預金については

      乙名義の口座に振り込むものとする。

    2 土地・建物につき、甲は乙に対して、現状有姿の状態で引き渡すととも

      に、担保権その他の権利の制約のないことを確約する。

     3 土地・建物の所有権移転登記手続きに必要な一切の費用は、乙が負担

      する。 

 

(公租公課の負担)

 第3条 土地・建物に課税される公租公課については、所有権移転登記までは甲

     が負担し、所有権移転登記以後は乙が負担する。

 

  上記の通り契約が成立したので、本書面を2通作成し、甲乙各1通を所持する

  ものとする。

        平成〇〇年〇〇月〇〇日

 

        (贈与者)   住   所 

                 氏   名       (甲)           印                      

        (受贈者)   住   所

                 氏   名       (乙)           印           

 

 

 

  (2)負担付贈与契約書

                 負担付贈与契約書 

 

 贈与者〇〇〇〇(以下、甲という)と受贈者〇〇〇〇(以下、乙という)は、本日、

次のとおり贈与契約を締結した。

 

第1条 甲はその所有する下記記載の建物(以下「本件建物」という)を乙に贈与し、

    乙はこれを受諾した。

                      記

     所在      〇〇市〇丁目〇〇番地〇〇

     家屋番号   〇〇番〇〇

     種類      居宅

     構造      木造瓦葺2階建

     床面積     1階 〇〇〇平方メートル

               2階 〇〇〇平方メートル

第2条 1.甲は乙に対し、平成〇〇年〇〇月〇〇日限り、本件建物を引き渡し、

      同時に所有権移転登記手続きを行う。

     2.本件建物につき、甲は乙に対し、現状有姿の状態で引き渡す。

     3.本件建物の所有権移転登記手続きに必要な費用は、乙が負担する。

第3条 本件建物に課税される公租公課については、所有権移転登記完了の日を

    基準として、登記の日までの分を甲、登記の日以降の分を乙の負担とする。

第4条 乙は、本件建物の贈与を受けた負担として、甲の実母〇〇〇〇に対し、そ

    の扶養料として平成〇〇年〇〇月〇〇日から同人の生存中、毎月〇〇日

    限り、金〇〇円ずつを、〇〇〇〇の住所に持参して支払わなければならな

    い。 

第5条 乙が次のいずれかに当たるときには、甲は本契約を解除することができる。

    1.前条の負担義務を履行しないとき。

    2.〇〇〇〇が前条の支払いを欲しない旨の申出があったとき。

    3.甲に対し、虐待もしくは重大な侮辱を加えたとき。

第6条 前条により本契約が解除されたときは、乙は甲に対し、直ちに本件建物を引

    き渡し、且つ、その所有権移転登記手続きをしなければならない。

 

 本契約を証するため、本書2通を作成し、甲乙がその1通ずつを所持するものとする。

 

          平成〇〇年〇〇月〇〇日

 

                   〇〇県〇〇市〇丁目〇〇番〇〇

                      贈与者(甲)       〇〇〇〇 印

 

                   〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番〇〇

                      受贈者(乙)       〇〇〇〇 印   

 

     

 

 

 (3)死因贈与契約書

   ※ 贈与者の死亡により効力が発生する贈与契約書

                   死因贈与契約書

 

 贈与者〇〇〇〇を甲、受贈者〇〇〇〇を乙として、甲乙間において、次のとおり

死因贈与契約を締結した。

 

(贈与の目的物等)

第1条 甲は、甲の所有にかかる下記の土地(以下、「本件土地」という)を乙に贈与

することを約し、乙はこれを受諾した。

                      記

    所在 〇〇市〇〇町〇丁目〇〇番〇〇 

    地番 〇〇番〇〇

    地目 宅地

    地積 〇〇〇平方メートル

 

(契約の効力)

第2条 前項の贈与は、甲の死亡により効力を生じ、贈与物件の本件土地の所有権

    は甲から乙に移転するものとする。

(贈与の保全)

第3条1 甲は、本契約に基づく乙の権利を保全するために、平成〇〇年〇〇月

     〇〇日限り、所有権移転請求権保全の仮登記手続きを行う。

    2 前項の仮登記手続きに必要な費用は、乙が負担する。

(乙の死亡)

第4条 万一、甲が死亡するより先に乙が死亡したときには、本契約はその効力を

    失う。 

(甲の解除)

第5条 乙が甲に対して重大な侮辱またはこれに類するような行為及び乙にその他

    著しい非行行為があるときには、甲は乙に対して、本契約を解除することが

    できる。 

 

 以上のとおり、契約が成立したので、本書面を2通作成し、甲乙がその1通ずつを

所持する。

           平成〇〇年〇〇月〇〇日

 

                   〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇番〇号

                       贈与者     〇〇〇〇   印

 

                   〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇番〇号

                       受贈者     〇〇〇〇   印

 

 

           

 

 ひらめき 贈与契約書の作成に関する相談・問合せ・ご依頼についてはこちらから

           

 

           生前贈与手続のトータルサポート

         岩手遺言相続相談センター

         相続・贈与専門 田村行政書士事所