遺言書をつくるメリット|岩手遺言・相続相談センター

 遺言書をつくるメリット

 

 遺言書を書く人が、ここ数年にわたって確実に増えてい

ます。なぜでしょうか?

 

 遺言書を書かなかったばかりに、せっかくのこした財産の分割

をめぐって、数多くの紛争が起こっています。財産が多くても少

なくても起こっているのが現実です。  

 

 今、家庭裁判所に申し立てられる遺産の分割事件が1万件を超

えるまでに増えています。このことからも、ただ単にトラブルが

増えているだけではなく、トラブルが一深刻化・長期化してい

る状況がよくわかります。

 

 しかし、実際にトラブルとなったケースを見てみると、遺言書

を書いてさえいればにまでならなかったであろうと思われる

ことが非常に多くみられます。遺言書があると、相続人に多少の

不満があっても、故人の最終の意思として尊重しなければならな

いという気持ちが大きく働き、紛争にまで発展することはほとん

どありません。

 民法では、遺言によって自由に財産を処分することを認めてい

ます。遺言することによって、本来、遺産を相続することが出来

ない人にも財産を分けてあげることが出来ます。

 

 また、事業や農業を特定の者に承継させるため、遺産の分割方

法を指定することもできます。ただし、他の相続人の遺留分に注

意をしたり、相続人間の公平を欠かないような配慮が必要になっ

てきます。


 このように、遺言書をつくっておくことで、遺産分割をめぐる

争を未然に防止ことが出来るということ、また、法定相続

分とは別に、家業の状況やそれぞれ相続人の生活状況に応じて

財産分与が出来る、という大きなメリットがあります。

 

 

  大切な家族のために、しっかりとした自分の意思を伝えること

で、遺族は遺産のことで悩んだり、争ったりしないで済みます。

遺言書を書くということは、財産をのこすこと以上に、遺族にと

っては大きな財産になります。


 自筆証書遺言の作り方

 公正証書遺言の作り方

 自筆証書遺言書保管制度の利用の仕方(1)

  (遺言書作成から保管申請まで)

   ⇒

 自筆証書遺言書保管制度の利用の仕方(2)

  (保管後に利用できること)

   ⇒


 

     岩手遺言・相続相談センタ―

      田村行政書士事務所

      019−697−6841