自分の先祖を知ることができたら楽しい

 

 先祖探しの楽しみ方


 皆さんは、自分の先祖というものについて考えてみたり、想像

してみたことはありませんか?

 江戸・明治の時代に生きた先祖の名前や出身地などを知りたい

と思ったことはありませんか?

 

   

  人は、何かの“キッカケ”で、自分の過去について知りたくな

 るときがあるものです。

   私が先祖について興味をもった“キッカケ”は、父親の実家の

 「屋号」に興味をもったことから始まります。

 

  子供の頃のことですから興味というより、疑問を感じたとい

 うことでしょうか。小学校に入る前の数年間、父の実家に住ん

 でいたことがあり、その当時、父の生れた家「屋号」で呼ば

 れていました。ハッキリした記憶はありませんが、親子3代、

 14〜5人で一つ屋根の下で暮らしていたことを覚えています。

  いっしょに住んでいたのは、父が教員をやめて役場の職員に

 なり、家を建てるまで1年か2年の間だったと思いますが、と

 にかく、たくさんの人がいてにぎやかだった記憶が残っていま

 す。  

  その「屋号」は、子供でもわかるような“人の名前”でしたの

 で、最初は祖父の名前思ったのですがそれとは違っていまし

 た。

  そのときは、単純に、いったい誰の名前なんだろうと不思議

 に思っただけでしたが、その後、近所からその「屋号」の“人

 の名前”を言われる度に先祖の名前に違いないと思うようにな

 り、漠然とですが、いつか機会をみて調べてみたいと思いまし

 た。  

 

  それから数十年経ち、会社を退職後、行政書士事務所を開設

 し相続業務を主に扱うようになり、戸籍調査で100年以上前

 の直系尊属(親子関係のある自分より上の代の血族)を知るこ

 とができることがわかり、ひょっとしたら、父の実家の屋号の

 由来がわかるかもしれないと思い、早速、自分の先祖をたどる

 戸籍調査を始めてみました。

   ところが、古い戸籍を順にさかのぼって取り寄せていったの

 ですが、なかなか、その“前”が出てきません。あきらめかけ

 た最後の一番古い戸籍に、その人物の“名前”が記載されている

 のを発見し、「屋号」の由来がわかった瞬間は感動してしいま

 した。

   その“人物”は、思っていた通り、私の先祖に間違いなかった

 のです。しかも、驚いたことには、その人物は、江戸の11代

 将軍・家斉の時代(文化元年、西暦1804年)に出生し、明

 治23年まで85歳の長寿を保った“ご先祖”様でした。  

  このことを、亡くなった父が知っていたかどうかはわかりま

 せんが、思わず、父の位牌に報告しました。

  そして、あこがれの人(?)が生れた文化元年(1804年)

 とは、どんな時代で、幕末までの54年間、どのような生活を

 してきたのだろうか・・・、仕事は何を・・・と、子供のころ

 から名前だけは知っていた“ご先祖”のことを、いろいろと想像

 してしまいました。

  

  団塊の世代の「ひいおじいさん」「ひいおばあさん」は、大

 体、江戸時代に生れています。江戸時代に生まれた先祖の名前

 がわかっただけでも、江戸時代がそう遠くなく感じられ、徳川

 将軍の存在が身近に感じられるから、実に不思議です。  

   私の場合、自分の苗字(父の父方)と母の旧姓(母の父方)

 についてさかのぼってみましたが、実に100名以上の直系・

 傍系血族や親族の名前がわかりましたが、江戸時代に生まれ

 先祖を20人以上発見できたのにはびっくりです。

 

  私たちが今あるのは、激動の時代を生き抜いてきた先祖のお

 かげだと実感した瞬間です。と同時に、世界に誇れる日本の戸

 籍制度に“感謝”しなければという気持ちにもなりました。

    もっとも、自分の先祖のことですから、古い戸籍の難解な文

 字を読むこと自体興味深々、実にミステリアスで、推理小説

 を読むこと以上に楽しい経験をしました。

 

  古い戸籍には、親戚一同たくさんの名前が載っていたりします

 ので、見ているだけでもいろいろと想像でき、楽しいものです。

  私にとっても、このような不思議な感動を覚えたことは初め

 ての経験で、未知の世界を知ることができた喜びに似た気持ち

 になりました。自分の想像を超える何かが、突然、目の前に現

 れると、こんな感情がうまれるのかもしれません。

  「屋号」の由来を確かめたくて始めた戸籍調査ですが、順にさ

 かのぼって役所に戸籍を取り寄せていく過程で、次々と親族の

 名前が明らかになっていきました。それは、まさに、時代をさ

 かのぼる親族再発見の旅といえるようなものです。

  次の戸籍には、初めて知る名前が何人登場してくれるのだろ

 うと、ワクワクした気持になったことを覚えています。 

  そして、運良く「屋号」の人物を探しあてたのですが、目の

 前にたくさんの直系尊属や傍系尊属の情報が集められると、今

 度は「家系図」としてまとめてみたいと思うようになり、家内

 の知人を通じて毛筆筆耕の先生に代筆してもらい、それを表装

 の専門業者に巻物に仕立ててもらいました。 

  そして、先祖が生きてきた100年、200年の長い歴史を

 通して、たくさんの名前が一本の線でつながった家系図をみた

 時は、ままた、感動してしまいました。

  今まで、考えてもみなかった遠い存在でしかなかったたくさ

 んの先祖と対面でき、時代と空間を越えて先祖が非常に身近に

 感じられるから不思議なものです。

  やはり、血のつながりがあるからでしょうか。

   しかし、自分のルーツを調べるには限界があることも一方で

 知ることができました。 現在のような身分関係を公に証明する

 全国統一様式の戸籍で一番古いものは、明治19年式戸籍とい

 われていますが、この戸籍が入手できるかどうかが、江戸時代

 の先祖の情報を入手できるか否かの大きなポイントになります。 

 

  この明治19年式戸籍の戸籍には、江戸時代に出生した先祖

 の情報が記載されていることが多いので、戸籍以上に、さらに

 さかのぼって調べたい場合には、最も重要な情報源となること

 もわかりました。   

   もっと過去まで知りたいと思ったら、お寺や本家筋の過去帳

 を見せてもらったり、墓石の記載を調べたりする必要がありま

 すが、それもまた楽しい“先祖探し”になると思います。自分の

 ルーツに興味のある方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう

 か。

   ただ、戸籍は誰でも取れるものではありませんし、古い戸籍

 を読み取ること自体なかなか難しいもので、内容についてもわ

 からないことがたくさんあります。

  でも、その戸籍の見方を調べながら見ていくと、いろいろな

 ことがわかり、また当時の様子が想像されて結構楽しいもので

 す。

   ただ残念なことには、自分のルーツを知る上で最も重要とさ

 れる「除籍簿」転籍したり、結婚したりして空になった戸籍)

 の保存期間が最近まで80年とされていた関係で、相当量の除

 籍簿が既に廃棄処分になっています。

  法改正により除籍簿の法定期間は150年に延長されました

 が、やがて、これについても廃棄される運命にあります。

 「除籍簿」というものは、一旦廃棄処分されてしまうと 二度

 と戸籍(除籍謄本)を請求することができません。そのため、

 先祖探しの基本調査といえる戸籍調査自体が途中でストップし

 てしまい、先までさかのぼって調べることは出来なくなってし

 まいます。

  80年を経過した除籍簿については、それぞれの役所の意向

 で処分が行われてきましたので、今現在、どこの役所にどれだ

 け処分されずに残っているかは実際に請求してみなければわか

 りません役所によっては、一度も処分されずに残っていて、

 200年以上さかのぼれたケ―スもあります。

 

   このように、今日において、戸籍は先祖の記録を公に証明し

 てくれる唯一確かなものです。古い戸籍(除籍)が、多数現存

 している今が自分のルーツを知る最大のチャンスであり、最後

 のチヤンスになるかもしれません。先祖探しに興味のある方は

 できるだけ早めに戸籍を取ることをおすすめします。

  そして、できれば先祖探しの集大成として、家系図作りにも挑

 戦してみてはいかがでしょうか。     


自分のル―ツはこうしてたどる

先祖探しの魅力と家系図作成のすすめ 


家系図を作りたい方におすすめ 家系図作成サービス 

先祖をしらべたい方におすすめ先祖調査サービス


先祖調査・家系図作成の資料請求


先祖探しにチャレンジしてみませんか

 

  自分の先祖を調べる基本的な方法として、戸籍をさかのぼっ

 て取得して調べる方法があります。この方法では、除籍簿が処

 分されていなければ、150年〜200年前の先祖について調

 べることは十分可能です。

 

  ただ、処分されずに残っているかどうかは、市区町村によっ

  て事情が異なりますが、まずは戸籍を請求してみましょう。

  除籍簿が処分されずに残っていて、明治19年式戸籍(除籍)

 が入手できるようであれば、江戸後期に生まれた先祖の情報を

 結構知ることができます。どれだけさかのぼって先祖の情報を

 知ることができるかは、現存する最古の戸籍といわれる明治19

 年式戸籍が入手できるかにかかってきます。

  新しい戸籍から古い戸籍へと、順序よくモレなくさかのぼっ

 て請求していくことや、古い戸籍の見方や情報の読み取り方に

 は難しい点もありますが、チャレンジしてみる価値は多いにあ

 ると思います。自分の先祖だからこそ価値があるのです。

 

  いずれにしても、除籍簿の有無(現存しているか否か)が、

 先祖発見の最大のカギになってきますので、戸籍の請求は早け

 れば早いほど良いと言えるでしょう。  今であれば、まだまだ

 明治時代の戸籍は多くの役所にのこされています。

 

 

  あなたも、この機会に自分のルーツ探しにチャレンジしてみ

 ませんか?戸籍で調べるだけでも、江戸時代の末期位まではわ

 かることが多いので楽しみです。

  そして、その先についても、いろいろと調べる方法はありま

 すので、まずは戸籍調査でしっかりとさかのぼってみましょう。

   

       

   全国対応  北海道〜沖縄

       感動のファミリーツリー 

   家系図作成サ―ビス

     デザイン家系図の用紙のみ.jpg

         

     プロのデザイナ―がつくる本格的家系図!

  先祖が生きてきた時代の息吹を忠実に再現した画期的家系図!

   家系図作成実績 1300名様超

  家系図作成サービスの詳細

  資料請求

 

 全国対応  戸籍で調べる我が家のルーツ”

         

   先祖調査サ―ビス

   戸籍収集コ―スと戸籍収集・家系譜作成コ―スあり!

       リ―ズナブルな費用が好評!

    調査家系数実績 6000家系超

   先祖調査サ―ビスの詳細

   資料請求

 

 

      岩手家系図作成センタ―

        田村行政書士事務所      

        019−697−6841